特集コラム

Column 7 パン&スイーツ

パン&スイーツ
2014/10/17

ル・ジャルダン・ゴロワ

colomn7012_01.jpg

荻窪南口仲通り商店会にあるフレンチデリのお店『ル・ジャルダン・ゴロワ』。フランス・ブルゴーニュ地方出身のロード・リシャール氏がオーナー&パティシエの店で、クレープをはじめ、キッシュ、テリーヌ、さらにはシュークリームやタルト、プリンなどのスイーツも販売しています。

街角にある小さいお店なのですが、カウンターやショーケースにはそんな数々のお料理がぎっしり並んでいて選ぶのに迷ってしまうほど。

これまでも、TBS『はなまるマーケット』では「生ハムと半熟卵のジュレ」が、そしてフジテレビ『有吉くんの正直さんぽ』では同店のフランス伝統の焼き菓子「シューケットラスク」が取り上げられるなど、多くのメディアに紹介されてきたお店です。

colomn7012_03.jpg

ショーケースの下段にズラリと並ぶキッシュは、季節の食材を使用しているため、定番メニューと季節メニューがあって、取材時には「プロヴァンスのキッシュ」(税込480円)「森のきのこのキッシュ」(税込490円)「ほうれん草のキッシュ」(税込480円)「かぼちゃと若鶏のキッシュ」(税込480円)が並べられていました。

オーナーが伝統的手法で丁寧に焼き上げるキッシュは、生地から手作りにこだわり、具材を贅沢に使用したふんわりジューシーな仕上がり。

一つひとつがボリューム満点なので、いろいろな味を楽しみたい人には、ハーフサイズのキッシュが4種類入った盛り合わせ(税込1000円)がオススメ。初めて来店する人も好みの味を見つける上では手頃なセットです。

その他、「ハム&チーズクレープ」などのお食事クレープや、「ローストキチンのサラダ」や「ジャガイモとオリーブのサラダ」「ラタトゥイユ」といった野菜たっぷりのお惣菜系メニューも充実しています。それらのほとんどが200円台とリーズナブルなのも嬉しいところ。

colomn7012_05.jpg

また、メディアでも紹介された「生ハム半熟卵のジュレ」(税込400円)は、生ハムとコンソメ味のジュレに半熟卵が包まれ、卵を崩すと中から黄身がとろっと溢れ出てきます。黄身とジュレと混ぜ合わせるとなんとも絶品。ヤミツキになる味と食感です。これをそのままお皿に盛れば、レストランでのお食事気分を味わえそう。

さらに、同店はお惣菜だけでなく、フランス菓子の店としての評価も高く、とくに生クリームを使ったスイーツはリピーターも多いとのこと。シューよりも堆く盛られたクリームが印象的な「エッフェル生シュークリーム」(税込310円)は、多くのスイーツファンから支持を受ける人気商品。ただし、保冷剤は入れてくれますが、長時間移動する場合は本来の美味しさとクリームのふんわり感が損なわれる可能性があるということで、今回はショートケーキにしました。まろやかだけれど濃厚な生クリームとベリーの酸味が程よく調和して、次回はぜひクリームたっぷりの「エッフェル生シュークリーム」やキャラメルソースが特徴的という「キャラメルプリン」に挑戦してみたくなる魅惑の味でした。

colomn7012_04.jpg

■ ル・ジャルダン・ゴロワ
http://www.lejardingaulois.com/
住所:杉並区荻窪5-23-13
営業時間:11:00-22:00
定休日:月・火・水
TEL:03-3391-5025

文・取材 / 丸山美智子
青色申告会

特集コラム

「第2回太宰サミット - 荻窪の碧雲荘を残せるか - 」開催

2015/10/27

「第2回太宰サミット - 荻窪の碧雲荘を残せるか - 」開催

9月14日、杉並公会堂にて「荻窪の歴史文化を育てる会」主催の「第2回太宰サミット - 荻窪の碧…

続きを読んでみる

太宰治『富嶽百景』にも登場する「碧雲荘」の今後

2015/10/26

太宰治『富嶽百景』にも登場する「碧雲荘」の今後

太宰治と言えば、その生涯を終えた三鷹市が有名ですが、彼が師と仰いだ井伏氏が住む荻窪で…

続きを読んでみる

ル・ジャルダン・ゴロワ

2014/10/17

ル・ジャルダン・ゴロワ

荻窪南口仲通り商店会にあるフレンチデリのお店『ル・ジャルダン・ゴロワ』。フランス・ブルゴーニュ…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集