特集コラム

Column 7 パン&スイーツ

パン&スイーツ
2011/05/10

吟遊詩人(ぎんゆうしじん)

当たり前のことを当たり前に…
高いレベルでの「普通」を追求する駅前のパン屋さん「吟遊詩人」。

column7001_03.jpg

青梅街道沿い、荻窪駅北口から歩いて3分ほどのところに「吟遊詩人」という小さなパン屋さんがある。通りに面した壁面は全面ガラス張りなので、店内は明るく、そこにいるだけでほっこりとする。

ショーケースには、カラフルなデニッシュや、調理パンが並び、思わずどれにしようか、と幸せな悩みをたっぷりと味わえる。そう、こちらのお店は、フランスパンやクロワッサンなどのスタンダードなパンもあるが、フルーツを使った甘いパンや、独自の工夫を凝らした調理パンなどのバリエーションが実に豊富なのだ。中でも、調理パンは、ほとんど「お料理じゃないか?」と思うほど、凝ったものもある。

column7001_01.jpg

エッグハム(150円)

お店にいてみんなが買っていくので購入してみた。少し甘めの柔らかい生地の上に、これでもか、というぐらいこんもり山もりの卵サラダが乗っている。幸せ感あり。

玉ねぎとチーズのフランスパン(250円)

トッピングにチーズと青のり、中にはさらにクリームチーズとベーコン、玉ねぎが入っている。玉ねぎの甘み、クリームチーズのこってり感が融合して、これは美味しい!生地にライ麦が使われているのも風味を増している。

5種類雑穀のブイヤベース風フランスパン(180円)

フランスパンの生地の中にトマト味の、ブイヤベース風のリゾットがたっぷりと詰まった斬新なお料理パン。小さいけど、一つのお料理をいただいたような充実感がある。

column7001_02.jpg

アプリコ(200円)

いろんなパン屋さんで時々見かける、あんずの菓子パン。パン生地がデニッシュになっている店が多いが、ここはスタンダートなパン生地。カスタードクリームがたっぷり詰まっているが、くどくなく、あんずも大きくてフレッシュ。このタイプのフルーツパンは季節によって果物を変えているとのこと。

お店のご主人に、こちらのお店の特徴は、とたずねると、「特徴のないのが、うちの特徴です。特徴を特に出さずに5年、10年やっていけるパン屋をめざしています」とのこと。イーストフード(発酵促進剤)などの添加物は一切使わず、マーガリンではなく、バターを使っているとのこと。
「体のこと、特にお子さんの健康を思えば当たり前のことです」とご主人。
普通のパン屋です、と言いながら、その「普通」はかなりレベルが高い。近所の人たちは、とても幸せだと思った。

吟遊詩人
住所:杉並区天沼3-2-2 荻窪勧業ビル1F
TEL:03-5335-6362
営業時間:8:00-20:00
定休日:無休 

文・取材 / 海風美保子
ノーブルウェブ

特集コラム

「第2回太宰サミット - 荻窪の碧雲荘を残せるか - 」開催

2015/10/27

「第2回太宰サミット - 荻窪の碧雲荘を残せるか - 」開催

9月14日、杉並公会堂にて「荻窪の歴史文化を育てる会」主催の「第2回太宰サミット - 荻窪の碧…

続きを読んでみる

太宰治『富嶽百景』にも登場する「碧雲荘」の今後

2015/10/26

太宰治『富嶽百景』にも登場する「碧雲荘」の今後

太宰治と言えば、その生涯を終えた三鷹市が有名ですが、彼が師と仰いだ井伏氏が住む荻窪で…

続きを読んでみる

ル・ジャルダン・ゴロワ

2014/10/17

ル・ジャルダン・ゴロワ

荻窪南口仲通り商店会にあるフレンチデリのお店『ル・ジャルダン・ゴロワ』。フランス・ブルゴーニュ…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集