特集コラム

Column 2 荻窪ラーメン

荻窪ラーメン
2011/06/07

春木家本店

なんと創業80年!地元とともに歩んできた、東京最古のラーメン屋さん

荻窪駅北口を出て青梅街道から左に折れ、住宅街が続く細い道をしばし歩いていると、ラーメンの写真の大きな広告旗がばん、が目に入る。
おお、ここが春木家本店か、と思う。

春木家本店は昭和6年創業、東京ラーメンを出すお店としては最も古い歴史を持つ。
メニューにはラーメンのだけではなく、そばやカレー、カツ丼や天丼などが並び、「町のお蕎麦屋さん」そのものといった感じである。
荻窪ラーメンの超有名店「春木屋」は、本店の「ラーメン専門部門」として昭和24年に創業したという。

「おもてなしの心」が随所に感じられる

店に入り、座るとすぐに水が出される。なんとレモンの味がする。
アルカリ性のミネラルウォーターに、女将さんが工夫をされて、レモンを入れたそうだ。口の中がさっぱりとして、ほっとした気持ちになる。ちなみにお通しの水だけでなく、全ての料理にそのアルカリ性のミネラルウォーターが使われているそうだ。素晴らしい!

お目当ての塩ラーメン(900円)を注文すると、女将さんが「麺の固さと、スープの濃さはいかがいたしますか?」ときいてくれる。一人ひとりの好みに合わせて調節するそうだ。

column2008_01.jpg

ラーメンが茹で上がる前に、付け合せの小皿と調味料が出された。小皿の上には小エビの唐揚げとわさび、海苔、梅干が乗っている。調味料は原了郭の黒七味!
原了郭といえば、京都祇園の老舗の高級七味屋さんである。なんというグルメな!胸がときめいてくる。
小皿の上の小エビをつまみにビールを飲みたい気持ちをぐっとこらえつつ待つ。来ました! 澄んだ黄金色のスープに炙りチャーシュー、白髪葱、針唐辛子の乗った美しいたたずまいの塩ラーメン!

この塩ラーメン、ただものではない!

スープを一口すすると、ラーメンのスープというよりは、上質のチキンスープのような、洋風の味わいがする。春木家本店で出している昔ながらの中華そば(680円)とは、スープも麺も全く違うとのこと。注文した塩ラーメンにはゲランドの塩とイタリアの岩塩を使い、なんと隠し味に白トリュフが使われているそうだ。これにはびっくり!
自家製の麺は加水率44パーセントの多加水麺で、固めでも柔らかめでもおいしくいただけるそうだ。

半分ほどラーメンを食べた後で、黒七味を投入。パンチのきいた黒胡麻や山椒の風味が加わり、不思議とスープが本来持つ輪郭がくっきりとしてくる。さらにわさびと海苔と梅干を投入。これって何かに似ている、と思った。そう、「お茶漬け」だ。洋風のスープでありながら、日本人のDNAにしみじみとうったえかけてくる。この塩ラーメンはかなりの傑作だ、と思う。

粋な3代目、伝統を守りつつも自らのセンスで新しい風を

column2008_02.jpg

こんなオシャレなラーメンを考案した3代目のご主人、かなり洒脱なお人柄で話が楽しく、すっかりファンになってしまった。女将さんの心づくしのもてなしも素晴らしく、本当に素敵な店だった。
ちなみに、6月3日からは創業80年のお祝いということで、ご来店・ご注文のお客様にはもれなくミニ・カレーライスがプレゼントされる。年末までプレゼントは継続ということなので、この機会にぜひ足を運ばれたい。

春木家本店
http://harukiyahonten.jp/
住所:東京都杉並区天沼2-5-24
電話:0120-050-708
営業時間:11:00-21:00(ラストオーダー 20:30)
(出前時間:11:00-20:00)
定休日:木曜日

文・取材 / 海風美保子
シティテラス荻窪

特集コラム

「第2回太宰サミット - 荻窪の碧雲荘を残せるか - 」開催

2015/10/27

「第2回太宰サミット - 荻窪の碧雲荘を残せるか - 」開催

9月14日、杉並公会堂にて「荻窪の歴史文化を育てる会」主催の「第2回太宰サミット - 荻窪の碧…

続きを読んでみる

太宰治『富嶽百景』にも登場する「碧雲荘」の今後

2015/10/26

太宰治『富嶽百景』にも登場する「碧雲荘」の今後

太宰治と言えば、その生涯を終えた三鷹市が有名ですが、彼が師と仰いだ井伏氏が住む荻窪で…

続きを読んでみる

ル・ジャルダン・ゴロワ

2014/10/17

ル・ジャルダン・ゴロワ

荻窪南口仲通り商店会にあるフレンチデリのお店『ル・ジャルダン・ゴロワ』。フランス・ブルゴーニュ…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集