特集コラム

Column 6 荻窪のおみせ

荻窪のおみせ
2012/03/28

Cervin(セルヴァン)

青空が良く似合う、小さな商店街

column6007_01.jpg

BGMがのどかに流れ、行き交う人々の歩調も、のんびり。昔懐かしいテイラーやクリーニング屋さんが今でも健在で、どこか昭和を想わせる可愛らしいこの場所は、荻窪の教会通り。

荻窪育ちだというのにも関わらず、こちら側へはあまり来たことがなかった私は、南口とはまた違った表情の荻窪を発見したことに、わくわく。

色々気になるお店はあったのだけれど、今回の目的は、この小さな商店街にあるCervinというお店。何やら素敵なバッグ屋さんがあるということで、そのお店を探しにやってきた。

教会通りを奥へ

のんびり歩いていくと、今回の目的地であるCervinに到着。小さなお店は、使い勝手が良さそうでお洒落なバッグで、賑やかだった。オーナーの北村さんがご主人の鞄屋を引き継ぎ営んでいる小さなバッグ屋は、『連峰』という意味の店名も、ロゴも、鞄屋の頃とと変わらない。

北村さんがこだわっているのは、ブランドではなく、いかにそのバッグが買い手のデイリーライフにしっくり馴染むか。結構な頻度で、年に数回開催される展示会へは、積極的に足を運び、自分の目で見て、触れて、これだと思ったもののみを買い付け。だからこそ、どれもこれも自信を持ってお薦めすることができるのだという。

大人気のレスポも見逃せない

column6007_03.jpg

軽くて丈夫、そして斬新なデザインに定評のあるレスポの新作が毎月入るのも、Cervinの、魅力。(お目当てのデザインがない時のであれば、お取り寄せも可能。)

また、オリジナリティを求めるのであれば、リーズナブルな価格で提供されている、名前入れのサービスもお勧めしている。

贈り物に、自分へのご褒美に、価値ある一品を

column6007_02.jpg

せっかくお店へ足を運んだのなら、是非お店でサインアップをすると◎。なぜなら、サインアップをした方のみに年に一度届く誕生日カードを持って来店すれば、好きな商品をどれでも10%割引で購入できる特典があるから。

『普段使いから、お洒落使いまで、日常のデザインのお手伝い』というコンセプトを軸に、比較的高めなお客の年齢層を考え、軽量かつ機能的であるものを中心にセレクトしているCervin。

大切な人への贈物に、自分へのご褒美に、オーナーが自信を持ってお届けする、スタイリッシュかつ機能的なバッグを見つけてみてはいかがだろう?

Cervin(セルヴァン)
http://cervin-ogikubo.shop-pro.jp/
住所:東京都杉並区天沼3-6-22
電話:03-3392-3557
営業時間:10:30-19:30

文・取材 / 直江佳子
青色申告会

特集コラム

「第2回太宰サミット - 荻窪の碧雲荘を残せるか - 」開催

2015/10/27

「第2回太宰サミット - 荻窪の碧雲荘を残せるか - 」開催

9月14日、杉並公会堂にて「荻窪の歴史文化を育てる会」主催の「第2回太宰サミット - 荻窪の碧…

続きを読んでみる

太宰治『富嶽百景』にも登場する「碧雲荘」の今後

2015/10/26

太宰治『富嶽百景』にも登場する「碧雲荘」の今後

太宰治と言えば、その生涯を終えた三鷹市が有名ですが、彼が師と仰いだ井伏氏が住む荻窪で…

続きを読んでみる

ル・ジャルダン・ゴロワ

2014/10/17

ル・ジャルダン・ゴロワ

荻窪南口仲通り商店会にあるフレンチデリのお店『ル・ジャルダン・ゴロワ』。フランス・ブルゴーニュ…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集